iOS7以降、iPhoneを傾けたりするとホーム画面にあるアイコンが浮き出たように見える「視差効果」の機能が加わりました。「視差効果」の機能をONにしていると酔った様な感覚になったり、電源の消費が通常より激しいためユーザーの評判は良くありません。また「視差効果」がONの場合は若干大きめのサイズの壁紙を適用しなければなりません。
「視差効果」の機能をOFFにする方法
iPhone端末の「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」へと進み、「視差効果を減らす」をタップします。その後、右にあるスイッチをスライドしてオンすれば切り替え完了です。